ページの先頭です。
 

○名護市役所トップページに戻る
○文字を大きくするには
○サイトマップ

名護市の自然
轟の滝
轟の滝 久志岳と辺野古岳を中心とする広大な樹海を源とする約 4qに及ぶ川が数久田部落の
近くで滝になって落ちます。左右の巨岩(火成岩)の間から落下し飛び散る水しぶきは、観る
人々に涼しさを満喫させてくれます。
 滝の高さ約28m、滝壷の幅約 6m、深さ約 1.5mです。ところが、近年上流域での取水や山
地開発により水量が大きく減りさびしい気がします。
 かつての風光明媚な轟の滝をたたえ、多くの和歌や琉歌が詠まれました。その代表的なも
のを紹介します。

 〔和歌〕
  轟の滝のみなもと尋ねれば
    天の河原に続くあるらん  
 (平敷屋朝敏)

  源は天の河原に続くらん
    雲より落つる轟の滝   (読人知らず)

 〔琉歌〕
  数久田轟の 滝の白糸や
    くり返し返し 見てもあかぬ (護得久朝常)

  夏もよそなしゆさ 浮世名に立ちゆる
    数久田轟の 滝の麓       (比嘉賀烈)

 

 


  ◇ 前ページへ   ◇ 次ページへ

  更新日:2013年12月2日
ページの終端です。