ページの先頭です。



博物館は何をしている所?
利用案内(りようあんない)
博物館からのおねがい
 
博物館の見かた・学びかた
これは何だろう?
昔のくらしと道具を調べよう
昔の子どもの遊び
名護市の歴史
 
トップページにもどる

博物館は何をしている所?


 名護博物館は、名護・やんばるの昔の生活や自然のことを、多くの人々に知ってもらうために、昭和59(1984)年3月1日にオープンしました。
 みなさんが名護・やんばるのことを、楽しく勉強してもらえる博物館になるように、主に4つの活動を行っています。


 @名護・やんばるに関するいろいろな資料を集めています。
 博物館に資料(しりょう)がないことには、みなさんが名護・やんばるのことを勉強することができません。そのためにいろいろな資料を集めています。集めた資料は、収蔵庫(しゅうぞうこ)とよばれる大きな倉庫(そうこ)で保管します。
 このような活動のことを、資料収集活動(しりょうしゅうしゅうかつどう)といいます。

収蔵庫(しゅうぞうこ)の中
収蔵庫(しゅうぞうこ)の中

調べているようす
調べているようす
 A集めた資料について、くわしく調べて記録に残しています。
 集められた資料が、いつ、どこで、だれが、何のために、どのようにして使われていたのかをくわしく調べて記録しておきます。
 このような活動のことを調査研究活動(ちょうさけんきゅうかつどう)といいます。


 B集めたいろいろな資料を多くの人々に見せています。
 みなさんが名護・やんばるのことを勉強してもらうために、いろいろな資料をならべて見せています。そのことを展示(てんじ)といいます。
 資料を適当にならべているのではなくて、道具の使いかたなどが分かりやすいように、いろいろ工夫(くふう)しています。

展示室(てんじしつ)
展示室(てんじしつ)

稲かり講座のようす
稲作(いなさく)講座のようす
 C調べて分かったことを多くの人々に知ってもらうために催し物を行っています。
 博物館が集めた資料について調べて分かったことを、さらによく知ってもらうために、昔の道具を使って昔の生活をたいけんしてもらったり、山や海に行って自然をかんさつしてもらったりしています。
 このような活動のことを教育普及活動(きょういくふきゅうかつどう)といいます。


Copyright(C) 2006 Nago Museum, All Rights Reserved.
 
ページの終端です。