ページの先頭です。



博物館は何をしている所?
利用案内(りようあんない)
博物館からのおねがい
 
博物館の見かた・学びかた
これは何だろう?
昔のくらしと道具を調べよう
昔の子どもの遊び
名護市の歴史
 
トップページにもどる

博物館の見かた・学びかた


 展示(てんじ)の見かた
 名護博物館は、名護・やんばるの昔の生活や自然のことを、多くの人々に知ってもらうために、いろいろな資料をテーマごとに展示しています。
 博物館に展示されている資料は、ただ並べられているのではなく、資料の一つ一つがかかわりをもってならべられています。一つの資料について知りたいと思ったときは、そのまわりの資料を見わたしてみてください。




  常設展示室の見取図(みとりず)
2階常設展示室(じょうせつてんじしつ)見取図(みとりず)
 1階常設展示室のしょうかい
テーマ せつめい テーマ せつめい
田(た) 昔、田んぼで使っていた道具を展示しています。 畑(はたけ) 昔、畑で使っていた道具を展示しています。
庭(にわ) 昔、庭で使っていた道具を展示しています。 食(しょく) 昔の食べ物や、食べ物にかんけいのある道具を展示しています。
住(じゅう) 主に家の中で使っていた道具を展示しています。 衣(い) 着るものにかんけいのある道具を展示しています。
加工(かこう) とうふ作りや精米(せいまい)に使う道具を展示しています。 家畜(かちく) ぶたなどの食べるための動物を展示しています。

 2階常設展示室のしょうかい
テーマ せつめい
祝い・祀り(いわい・まつり) 人が生まれてから死ぬまでにおこなう色々な行事(ぎょうじ)などをしょうかいしています。
沖縄近海の鯨類
(おきなわきんかいのげいるい)
沖縄(おきなわ)のまわりにある海に住んでいる色々なしゅるいのクジラの仲間をしょうかいしています。
ピトゥ狩り(かり) 昔、ピトゥ(イルカの仲間)をとるときに使っていた道具やその時の写真を展示しています。
浜(はま)・マース マースとは、塩(しお)のことです。マース作りで使っていた道具を展示しています。
考古(こうこ) 名護市で発掘(はっくつ)された、大昔の人が使っていた土器のかけらなどを展示しています。
山(やま) 昔、山で木を切ったり、木炭(もくたん)を作ったりして生活していた人たちが使っていた道具を展示しています。


 博物館の人に聞いてみよう!
 分からないことがあったら博物館の人に聞いてみましょう。すぐに答えを聞こうとするのではなくて、あらかじめ自分で答えを予想してから聞いてみましょう。
 博物館の人に聞いたことは、メモするようにしましょう。


 博物館のパンフレットも見てみよう!
 博物館のパンフレットは、博物館の説明書(せつめいしょ)のようなものです。パンフレットを使えば、調べたいものがどこにあるのかを大まかに予想(よそう)することができます。また、博物館で調べたことをまとめるときにも使えます。


 もっと学びたい!というときは
 博物館ではいろいろな催し物(もよおしもの)を行っています。じっさいに昔の道具を使って昔の生活をたいけんしたり、山や海に行って自然を観察したりしています。みなさんが勉強したいものにかんけいのある講座(こうざ)に参加(さんか)してみましょう。
 講座は博物館のホームページや「市民のひろば」で、みなさんにお知らせしています。


Copyright(C) 2006 Nago Museum, All Rights Reserved.
 
ページの終端です。