ページの先頭です。
 

○名護市役所トップページに戻る
○文字を大きくするには
○サイトマップ

文字サイズ文字色変更が行えます。

予防接種

 ■ 平成28年度の予防接種について

    予防接種は、感染症を予防するため、ワクチンを接種し、その病気に対する免疫をつくること
   をいいます。予防接種には、集団接種(BCG)のほか、名護市の予防接種を受託し医療機関で
   受ける個別接種(4種混合、DT2期、日本脳炎、麻しん・風しん(MR)1・2期、ヒブワクチン、小
   児の肺炎球菌ワクチン、水痘ワクチン)、集団接種できなかったBCG等があります。
    集団接種の日時、場所などは対象者へ通知いたします。

    なお、対象年齢の範囲内で1度も接種されていない方であれば、通知が手元に無くても接種
   することができます。医療機関へ予備の予診票を配布していますので、接種希望される医療
   機関へご確認の上、ご使用いただくこともできます。また、当市健康増進課健康づくり係窓口
   でも予診票を発行していますので、お問い合わせください。

 

 

 

  (1) 個別接種


   4種混合・
DPT・DT2期・日本脳炎・麻しん・風しん(MR)・BCG・不活化ポリオ・ヒトパピ
  ローマウイルス・ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチン・水痘ワクチンは名護市の予防接
  種を受託している医療機関で接種しましょう。

    前日までに名護市の予防接種を受託している医療機関へ電話予約をしてください。その医療機
   関へ行くときは母子(親子)健康手帳または予防接種済証を持って行きましょう。

 ア.子どもの予防接種
    (法定内の期間であれば公費負担となり、名護市在住の方は無料で受けられます)

 ◆予防接種受託医療機関についてはこちら(PDFファイル:138kb)をご覧ください。

予防接種名

対象者
【標準的な接種期間】

接種回数

備考

ヒブ(Hib)
ワクチン

接種開始日が生後2月〜6月・・・@
(生後7月になる1日前まで)

ただし、生後12月までに3回の初回接種が終了しなかった場合、初回接種は行わず、27日以上の間隔をおいて追加接種を行う。

初回(3回)

27日以上の間隔で3回

接種開始日が生後7月〜11月・・・A
(生後12月になる1日前まで)

ただし、生後12月までに2回の初回接種が終了しなかった場合、初回接種は行わず、27日以上の間隔をおいて追加接種を行う。

初回(2回)

27日以上の間隔で2回

接種開始日が@もしくはA

標準的な接種期間
【初回接種終了後7月から13月までの間隔をおいて1回】

 追加(1回)

初回接種終了後7月以上の間隔をおいて1回

 接種開始が1〜4歳
 (5歳の誕生日の1日前まで)

1回

 

小児用肺炎球菌
ワクチン

接種開始日が生後2月〜6月・・・@
(生後7月になる1日前まで)

ただし、生後12月を超えて初回2回目を行った場合は、3回目の接種は行わない。

初回(3回)

27日以上の間隔で3回

接種開始日が生後7月〜11月・・・A
(生後12月になる1日前まで)

ただし、初回2回目の接種は生後23月までに行うことし、それを超えた場合は行わない。

 初回(2回)

27日以上の間隔で2回

接種開始日が@もしくはA

標準的な接種期間
【生後12月から生後15月の間】
 

追加(1回)

初回接種終了後60日以上の間隔をおく。

接種開始が1歳

2回

60日以上の間隔をおく

接種開始が2歳〜4歳
(5歳の誕生日の1日前まで)

1回

 

B型肝炎ワクチン

生後〜1歳に達する1日前まで

標準的な接種期間
【生後2月〜生後9月】

3回

1回目から3回目までは139日以上の間隔をおく。

BCG

生後〜1歳に達する1日前まで

標準的な接種期間
【生後5月〜生後7月】

1回

 原則、集団接種となります。

四種混合ワクチン

ジフテリア・破傷風・百日せき・急性灰白髄炎(ポリオ)の混合ワクチン

生後3月〜90月(7歳6月)に達する1日前まで

標準的な接種期間
【生後3月〜生後12月】

1期初回
( 3回 )

20日以上の間隔で3回

生後3月〜90月(7歳6月)に達する1日前まで

標準的な接種期間
【1期初回(3回目)接種終了してからおおむね12ヵ月〜18ヵ月】

1期追加
( 1回 )

 

 ※DPT(3種混合ワクチン)と不活化ポリオの接種スケジュールは四種混合ワクチンと同じです。

DT2期

11歳〜13歳の誕生日の1日前まで

標準的な接種期間
【11歳に達した時から12歳に達するまでの期間】

2期(1回)

 

麻しん・風しん
(MR)

1歳〜2歳の誕生日の1日前まで
(1歳の誕生日と同時に接種することが望ましい)

1期(1回)




麻しん、風しんに
かかったことのない
方はMR(麻しん・
風しん混合)ワクチンを
接種してください。


 

小学校就学の1年前の方
(平成22年4月2日〜平成23年4月1日生まれの方)

接種期限:平成29年3月31日まで

2期(1回)

 麻しん・風しんについて、くわしくはこちらのページをご覧ください。

日本脳炎

生後6月〜90月(7歳6ヵ月)に達する1日前まで

標準的な接種期間
【3歳〜4歳】

1期初回
( 2回 )

6日以上の間隔をあける。
標準的には6日〜28日の間隔をあける。

生後6月〜90月(7歳6ヵ月)に達する1日前まで

標準的な接種期間
【1期初回(2回目)接種終了してからおおむね1年後の4歳〜5歳】

1期追加
( 1回 )

 

9歳〜13歳の誕生日の1日前まで

標準的な接種期間
【9歳〜10歳】

2期(1回)

 

特  例
対象者

(平成17年度〜21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃した方のことです)

平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方
(20歳の誕生日の1日前まで接種可能)

特例対象者への個別通知について、平成28年度18歳となる者へ2期の通知を行います。それ以外の年齢で接種希望される方は、かかりつけ医と相談のうえ、予防接種受託医療機関で接種が可能です。
(予防接種法実施規則附則第5条)

平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれの方のうち、9歳以上13歳未満の方

 特例対象者は、1期初回接種が終了しなかった回数を9歳以上13歳未満の期間に実施する事が可能です。接種をご希望の方はかかりつけ医と相談の上、予防接種委託医療機関で接種が可能です。
(予防接種法実施規則附則第4条)

水痘

生後12ヶ月〜生後36ヶ月に達する1日前まで
【生後12月から生後15月に至るまでに初回接種、初回接種後6ヶ月〜12ヶ月の間隔を置いて1回】

2回

定期接種実施前(平成26年10月1日以前)に任意接種として実施した場合、同じ回数分の定期接種を受けたものとみなします。

 イ.成人の予防接種
 
   (名護市在住で下記対象の方は、自己負担額の一部を名護市の公費による助成により、
     予防接種を実施できます。全額公費負担ではないため、一部自己負担が発生いたします。
     あらかじめご了承ください。)

予防接種名

対象者
【標準的な接種期間】

接種回数

備考

肺炎球菌ワクチン
(成人用)

○平成28年度に65歳になる方

○平成28年度に70歳75歳80歳85歳
 90歳
95歳100歳になる方
 (平成30年度までの経過措置です)

○平成28年度に60歳〜64歳になる方で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方

1回

(自己負担額:4,000円を超える金額)

以前に一度でも同じワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けられた方は定期予防接種の対象になりません。

インフルエンザ

平成28年10月より開始予定です。
詳しくは市民のひろばをご確認ください。

満65歳以上の方

○60歳以上64歳未満の方で心臓・腎臓・呼吸器に障がい、もしくはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能への障がい(ともに障がい手帳1級程度)のある方

年に1回

(自己負担額:1,000円)

平成28年10月より開始予定です。

  ※成人用肺炎球菌ワクチンは、4,000円の助成を超える金額について自己負担が発生します。
   成人用肺炎球菌ワクチンにつきましてはこちらをご覧ください。
 

 

  (2) 集団接種(子どもの予防接種)


    名護市在住の方で接種対象であれば公費負担(無料)で受けられますので、対象生年月日に注意し
   てください。

   BCG/集団接種      ●実施場所/名護市労働福祉センター

NO

実施日

対象生年月日(生後5ヶ月〜1歳に達する1日前まで)

受付時間

接種回数

1

平成28年4月11日(月)

平成27年4月12日〜平成27年11月12日

午後1:45 〜

  午後3:30

1 回

2

平成28年6月14日(火)

平成27年6月15日〜平成28年1月15日

3

平成28年8月16日(火)

平成27年8月17日〜平成28年3月17日

4

平成28年10月18日(火)

平成27年10月19日〜平成28年5月19日

5

平成28年12月13日(火)

平成27年12月14日〜平成28年7月14日

6

平成29年2月14日(火)

平成28年2月15日〜平成28年9月15日

 

 

 

  (3) 予防接種する前の注意事項


    
予防接種は、体調のよい時に受けるのが原則です。日頃から保護者の皆さんはお子さんの体
   質、体調など健康状態によく気を配ってください。そして何か気になることがあれば、あらかじ
   めかかりつけの医師、保健所、名護市役所 健康増進課 健康づくり係等にご相談してくださ
   い。安全に予防接種を受けられるよう、保護者の皆さんは、以下のことについて注意のうえ、
   当日の予防接種を受けるかどうか判断してください。

   ア 予防接種する当日は、朝から子どもの状態をよく観察し、普段と変わったところがないか確
     認してください。予防接種を予定していても、体調が悪いと思ったら、医師に相談のうえ、
     接種をするかどうか保護者の方で判断しましょう。

   イ 予防接種する前に、通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解し
     ましょう。わからないことがありましたら、かかりつけの医師、保健所、名護市役所 健康
     増進課健康づくり係等に接種する前に質問しましょう。

   ウ 母子(親子)健康手帳は必ずもっていきましょう。

   エ 予診票は子どもを診て接種する医師への大切な情報です。責任を持って記入するように
     しましょう。

   オ 予防接種を受ける子どもの日頃の健康状態をよく知っている保護者の方が連れて行き
     ましょう。

    なお、予防接種の効果や副反応などについて保護者が理解したうえで、接種に同意した
   ときに限り、接種が行われます。

 

 

  (4)他市町村からの転入者や海外・基地内で予防接種を受けた方へのお願い。


    名護市では予防接種履歴を管理して、対象者へ通知しております。
    名護市に在住していないときに接種している方の接種履歴が確認できない場合は、未接種者と
   して通知しているため、他市町村からの転入者や海外・基地内等で予防接種を受けた方で、市へ
   予防接種状況の報告をしていない場合には、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

 

 

  (5)里帰り等により県外で予防接種を希望する方へ

    里帰り等により、一時的に県外に滞在中にお子様の定期予防接種を希望する場合、名護市が
   発行する「予防接種実施依頼書」が必要となります。依頼書がないと接種費用の払い戻しが受け
   られないだけでなく、万が一予防接種に起因する事故があった場合に、法律による救済措置が
   受けられなくなりますので、必ず依頼書の発行申請をしてください。

    詳細はこちらをご覧ください。 

   〇里帰り先で予防接種を受ける前の申請書類

   予防接種依頼書交付申請書←クリック

   (記入例)←クリック

   〇予防接種後、払い戻しを受ける時の申請書類

   予防接種費用助成申請書←クリック

   (記入例)←クリック

 


 このページのお問い合わせ先

  名護市役所 市民福祉部 健康増進課
  〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号
  電話:0980-53-1212(健康づくり係 内線158)  直通番号:0980‐53‐1281
  FAX:0980-53-7570
  e-mail:kenkouzoushin_atmark_city.nago.okinawa.jp
    (注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えてあります。
       「_atmark_」を「@」に置き換えてください。
 

更新日:2016年10月1日

Copyright(C) 2007 nago city public office. All rights reserved

 

ページの終端です。