ページの先頭です。

 

width="86"

 

     トップページ     利 用 案 内    子どもむけページ    名護博物館について   刊  行  物 

 活動紹介


 博物館といえば、昔のモノを展示しているだけの場所というイメージがあるかもしれません。しかし、博物館には「モノを展示すること」以外にも、「資料の収集と保管」、「調査研究」、「教育普及活動」という機能も持っています。当然、名護博物館にもこれらの機能が存在しており、名護博物館のテーマ「名護・やんばるの自然と生活」に沿って博物館の持つこれらの機能をフルに活かした活動を行っています。
 また、名護博物館の様々な活動は、「ぶりでぃ」(群れ手)の考え方のもとに行われています。「ぶりでぃ」とは、「みんなの手で創り上げる」ということを表現する言葉で、多くのものが集まっている状態を表す方言「ぶり」と、手を表す方言「てぃ」を組み合わせてできた言葉です。その言葉の通り、これまで多くの市民の皆様とともに様々な活動を展開してきました。
 ここでは、名護博物館が行っている「展示」以外の3つの活動(「資料の収集と保管」、「調査研究」、「教育普及活動」)について紹介します。

 

 

資料の収集と保管

 

 名護博物館では、文化財に指定されるような貴重なものから、何でこんなものが?と思わず首をひねりたくなるようなものまで、ありとあらゆるモノ(あくまでも名護博物館のテーマに沿うもの)を収集・保管しています。


 大量生産・大量消費のこの時代において、モノの価値が少しでも下がるとすぐに捨ててしまいがちです。ある程度時間が経過し、そのモノの価値が再評価される頃には、入手が困難あるいは不可能な状態になってしまいます。

 

 すべての博物館資料がそうだと言えませんが、現在、展示ケースの中で大切にされたり、文化財に指定されていたりするような資料も、実際に作られた(使用されていた)時代の人々は、そのモノに対して気にも留めていなかったと思います。


 今、みなさんの身の回りのモノをこのような視点で見つめてみて下さい。モノに対する見方が変わってくるかも知れません。



第1収蔵庫の様子

第2収蔵庫の様子

 

 

 

調査研究
 名護博物館では、名護・やんばるに関する歴史、民俗、自然、その他の事柄について研究の対象にしています。研究の成果は、企画展や紀要『あじまぁ』において披露しています。

 

 

 

 

 

 

 


教育普及活動

 

 教育普及活動とは、博物館が蓄積している調査研究等の成果を広く一般に還元するための活動で、企画展や体験講座などが該当します。


 企画展や体験講座の内容は、名護博物館のテーマ「名護・やんばるの自然と生活」に沿ったものです。特に体験講座については、過去の生活様式を追体験することによって、先人達の知恵と技に触れていただきたいという、名護博物館の願いのもとで行われています。



ぶりでぃ子ども博物館(稲刈り)の様子


 


  名護博物館トップページにもどる
 

 

 名護市教育委員会 名護博物館 〒905-0021 沖縄県名護市東江一丁目8番11号  
  電話 : 0980-53-1342(直通) FAX : 0980-53-1362 
  e-mail : hakubutsukan@(アット)city.nago.okinawa.jp

  開館日 : 火曜日〜日曜日 午前10時〜午後6時
  休館日 : 毎週月曜日、祝祭日、年末年始、慰霊の日(6月23日)、ガスくん蒸実施期間、
        整理休館日(毎月第4木曜日)、その他展示替え等による臨時休館日

更新日:2011年6月1日

Copyright(C) 2011 Nago Museum. All rights Reserved.

 

ページの終端です。