ページの先頭です。

画像

画像 

画像

トップページ

なやみそうだん

インターネットの
正しい使い方

お知らせ

リンク集

名 護 市 の 歴 史

1・歴史のはじまり〜近代の名護

 ■ 歴史のはじまり〜沖縄貝塚時代

 名護にいつごろから人々がすんだのでしょうか?沖縄では、那覇市の山下町第一洞穴(やましたちょうだいいちどうけつ)で発掘された人骨が最も古く、今から約32000年前のものといわれています。名護市では、屋我地島の済井出(すむいで)の大堂原貝塚(うふどうばるかいづか)で約5000年前の土器(どき)が見つかりました。

 今から1500〜2000年前の時代になると、名護貝塚をはじめ各地の海岸近くを中心に人々が住み始めます。当時、農耕はまだ行なわれておらず、沿岸で魚や貝を採ったり、山で木の実や野草を採集して生活を営んでいました。

うふどうばる貝塚 

ソバタ式土器

大堂原貝塚発掘のようす

出土したソバタ式土器

 

 ■ 古琉球・グスク時代〜三山統一・尚氏時代

 10〜12世紀(西暦900〜1100年ごろ)は、沖縄の生活と文化は大きく変化します。麦や米など穀物(こくもつ)の栽培が始まり、道具として鉄器(てっき)を使い始めました。土器の形も大きく変わっています。人々の住む場所も海岸近くから、丘の上や台地へ移り始めています。この時代を考古学(こうこがく)では「グスク時代」と呼んでいます。本島中南部と比べると、名護・山原のグスク時代の遺跡は数が少ないですが、名護市域で30ヵ所以上の遺跡が見つかっています。グスク時代を通して沖縄の各地には按司(あじ)と呼ばれるリーダー(支配者)が現れるようになり、山原では今帰仁グスクを構える北山(ほくざん)が北部地域の按司の上に立ち、北部を支配していました。14世紀の中頃には中南部の支配者である中山(ちゅうざん)・南山(なんざん)と勢力を競うようになります。北山をはじめ、各地の按司たちは中国と交易を行なっていて、当時の遺跡からは中国製の陶磁器(とうじき)が数多く出土しています。
 1416年、中山の連合軍が北山を攻め滅ぼしました。北山を滅ぼした後、中山王の尚巴志(しょうはし)は1422年に北山監守(ほくざんかんしゅ)を置き、山原の支配と警備に当たらせました。この北山監守制度は、1665年まで続いています。1429年には、南山を滅ぼして沖縄本島を統一し、琉球王国を成立させました。尚巴志の王統は7代64年続きました。この時代を第一尚氏時代(だいいちしょうしじだい)と呼びます。首里城はこの時期に建築・整備されたといわれています。1470年の尚円王(しょうえんおう)の代から始まった第二尚氏時代(だいにしょうしじだい)は1879年の廃藩置県(はいはんちけん)まで400年余りに渡って王統を維持しました。

 

 ■ 薩摩の侵入〜近世

 日本が江戸時代になると、琉球への領土拡大をねらった薩摩(さつま:今の鹿児島県)の島津氏(しまづし)は、1609年3月、100隻・3000人の兵を率いて奄美諸島を侵略・制圧しつつ、沖縄本島に上陸します。山原では運天港に上陸して、今帰仁城を攻め落とした島津軍は、陸と海から中南部へ侵攻して、首里城を攻略します。こうして琉球王国は島津氏による間接支配をうけ、近世幕藩体制に組み込まれていきます。さまざまな政治・行政・制度の面での再編が進められました。

 

 ■ 近世の沖縄・名護

 近世の琉球は、幕藩体制に組み込まれつつ、一方で中国と冊封(さくほう)−進貢(しんこう)関係を継続していて、多くの人々が進貢や留学で中国に渡り、外交・交易や留学経験を重ねました。名護親方で知られる程順則(ていじゅんそく)は5度、中国に渡っています。学問・技術などの文化の導入にも積極的で、風水地理知識とその技術をはじめとした文化を受け入れていました。一方、日本本土へも、琉球国王が交代した際の謝恩使(しゃおんし)や幕府の新将軍を祝う慶賀使(けいがし)を派遣(はけん)しました。これは「江戸上り(えどのぼり)」といわれ、琉球からの使節団が来日することは一大イベントでした。その機会に琉球からの使節団は日本の文学や芸能を学んで持ち帰り、琉球の文化として発展させました。組踊(くみおどり)はその典型です。

組踊「高山敵討」

組踊「高山敵討」(2006年の田井等・親川豊年踊にて)

 1670年代、羽地間切の按司地頭(あじじとう)で尚質(しょうしつ)・尚貞(しょうてい)王の摂政(せっせい:琉球王府の役職名)である羽地朝秀(はねじちょうしゅう)によって、間切(まぎり:今でいう市町村)区画の再編が実施されました。名護間切の東海岸側の10ヵ村と金武間切の2ヵ村(久志・辺野古)を併せて久志間切が創設され(1673年)、同じ年には羽地間切の津波(つは)・平南(へなん)が新しくできた田港間切(後の大宜味間切)に含められました。その後、18世紀中頃には蔡温(さいおん)の山林政策によって、羽地間切のいくつかの村が移動させられました(1736年/我部・呉我・山入端など)。その結果、名護間切11・羽地間切18・久志間切13の計42ヵ村となりました。

 

 ■ 近代の沖縄・名護  廃藩置県・名護まちの形成と発達 〜

 日本では、1867年10月に大政奉還(たいせいほうかん)が行なわれ、明治時代が始まります。琉球は1879年4月に沖縄県となりました。日清戦争(にっしんせんそう:1894年)後の明治30年前後は、大きな改革が実施されます。1908年(明治41)には間切が「」に、村が「」に改められました(名護間切→名護村)。そのほか、土地整理事業や行政機関の設置などの改革がありました。

 名護のまちの発達も急速に進み、国頭地方役所や警察署、郵便局や病院などの公共機関や会社や商店が名護に集中して置かれました。交通網も整備され、名護港と那覇をむすぶ定期航路も開設し(1896年)、明治後期から大正初めにかけて那覇〜名護間の県道が開通しました。

明治時代の名護まち

大正時代の名護まち

明治時代終わりごろの名護大通り

東江のジンガムイからみた大正時代後期の名護

上記写真2点:名護市史・別巻1『写真集 名護―ひとびとの100年』より

名護市の歴史「2・戦争と戦後復興〜現在の名護」は近日更新予定です。

Copyright(C) 2008 nago city public office. All rights reserved

 

ページの終端です。