「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

公開日 2020.06.12

更新日 2020.06.12

【「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント】

  新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、「新しい生活様式」として、1身体的距離の確保、2マスクの着用、3手洗いや3密(密集・密接・密閉)を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

これから、夏を迎えるにあたり、市民の皆様には熱中症にも注意していただきたく、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントを厚生労働省HPより抜粋いたしました。


(1)マスクについて

○基本的な感染予防として着用をお願いしています。ただし、マスク着用している場合、心拍数や呼吸数など、身体に負担がかかることがあります。強い負荷の作業や運動は避け、喉が渇いていなくても、こまめに水分補給を心掛けましょう。また、夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。このため、屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクを外すようにしましょう。

(2)エアコンの使用について

○熱中症予防のためにはエアコンの活用は有効です。ただし、新型コロナ感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

(3)日頃の健康管理について

○日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

 新しい生活様式の実践例 PDF:286KB]

 熱中症予防行動のポイント PDF:770KB]

 

このページのお問い合わせ先

名護市役所 市民部 健康増進課

〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号

電話:0980-53-1212(地域保健係 内線386/143)

FAX:0980-53-7570

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード