ひとり親世帯臨時特別給付金についてのお知らせ

公開日 2020.07.21

更新日 2020.07.21


ひとり親世帯を支援するため、給付金を支給します。

 

給付金の種類


1.基本給付
[対象]次の①~③のいずれかに該当する方。
①令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方
②公的年金(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償)などを受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方
③新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方
[給付額]1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

 

2.追加給付
[対象]上記の基本給付金対象の①または②に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方
[給付額]1世帯5万円

 

支給の手続き


①に該当する方
 基本給付は申請不要。
 8月下旬ごろ、令和2年6月分の児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。
※給付金を希望しない場合、8月7日(金)までに受取拒否の届出書提出が必要です。窓口へお申し出ください。
 追加給付は申請が必要です。
 定例の現況確認時(8月)などにあわせて申請を簡易な方法でしていただきます。
 申請内容を確認し、指定口座に9月下旬ごろ振り込みます。

②、③に該当する方
 基本給付、追加給付(②に該当する方)ともに申請が必要。
 申請書と必要書類の提出が必要なので、窓口にお申し出ください。
 申請内容を確認し、支給要件に該当する方へ指定口座に9月下旬ごろ振り込みます。 
※児童扶養手当受給者、母子及び父子家庭等医療費助成受給資格者に、現況届のお知らせと給付金に関するチラシを同封します。


給付金の“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください

都道府県・市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。
ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
都道府県・市町村や厚生労働省などが、「ひとり親世帯臨時特別給付金」を支給するために、手数料の振込みを求めること等は絶対にありません。
ご自宅や職場などに都道府県・市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話がかかってきたり、不審な郵便が届いたら、迷わず、お住まいの市町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))にご連絡ください。

 


このページのお問い合わせ先

名護市 こども家庭部 子育て支援課 子育て支援係 0980-53-1212 内線 108