名護市キャリア教育推進事業について

公開日 2018.07.19

更新日 2018.07.26

名護市キャリア教育推進事業について

ジョブシャドウイング・職場体験の受入事業所募集!

平成30年4月26日【募集】平成30年度ジョブシャドウイング・職場体験の受入事業所募集!

平成30年度のジョブシャドウイング及び職場体験受入事業所の募集を行います。

子どもたちの就労意識の向上にご理解いただき、ご協力いただきますようお願いいたします。

関連資料ダウンロード

  • ジョブシャドウイング受入ガイド(PDF)
  • 職場体験受入ガイド(PDF)
  • 平成30年度ジョブシャドウイング・職場体験実施予定表(PDF)
  • 受入回答書(PDF)→回答はFAXでお願いいたします。

キャリア教育とは

キャリア教育とは、一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育です。(H23.中央教育審議会)

子どもたちが将来働くことの意味を考え、今の学びの大切さに気づき、学ぶことや生きる意欲を高めるための取組です。


名護市のキャリア教育

名護市では 基礎学力の定着、社会性の育成、基本的生活習慣の定着を図ること目的として、キャリア教育を充実するための取組を行っています。

その手法のひとつとして、働く大人を観察する「ジョブシャドウイング」、実際に仕事を体験する「職場体験」を名護市立小中学校で行っています。


ジョブシャドウイング とは(主に小学生向け)

ジョブシャドウイングの様子画像

仕事をする大人(メンター)に影のように寄り添い観察します。職場体験とは異なり、実際に仕事をするのではなく、働く大人の取り組む姿勢をみて「働くとは?」「仕事とは?」などの気づきを促すことに重点をおいています。メンター1人につき児童生徒1人(多くて2人)がつき、午前9時30分前後から11時30分までの約2時間観察します。


職場体験の写真

職場体験とは(主に中学生向け)

実際に仕事を体験することで、生徒が直接働く大人と接し、働くことの厳しさや楽しさ、やりがいを学びます。学ぶことの意義や働くことの意義を理解し、主体的に進路を選択決定する態度や意志、意欲などを培うことのできる重要な教育活動です。期間は2~4日間、実動6時間/日でお願いをしています。

このページのお問い合わせ先

名護市教育委員会 学校教育課

〒905-0014 沖縄県名護市港一丁目1番1号

電話:0980-53-1212 (学校支援係 内線379)

FAX:0980-53-7825