10代・20代の男性と保護者の方へ

公開日 2021.10.25

更新日 2021.10.25

 新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。特に、10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。

激しい運動が心筋炎・心膜炎の原因になるわけではありませんが、心筋炎・心膜炎を発症した場合は心臓に負担をかけることはよくないので、接種後2~3日、できれば1週間程度は自覚症状に気をつけて、激しい運動を控えて過ごすことも選択肢である旨、関連学会からも見解が示されています。

ワクチン接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸(どうき)、息切れ、むくみなどの症状が見られた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えて下さい。

 

【10代・20代の男性も、引き続きワクチンの接種をご検討ください】

新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。感染症による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことが分かっています。

新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して、皆さまに接種をおすすめしています。しかしながら、ワクチン接種は、あくまでご本人の意思に基づき受けて頂くものです。ご本人が納得した上で、接種をご判断ください。

 

10代・20代の男性の方へ[PDF:1.06MB]

子どもへの新型コロナワクチン接種の考え方と副反応への対処法(厚生労働省)

 

(お問い合わせ先)

]名護市役所 市民部 健康増進課

〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号

電話:0980-53-1212(健康づくり係 内線349)

FAX:0980-53-7570

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード