成人の予防接種

成人の予防接種について

セル セル セル

予防接種 

    

対象者

【標準的な接種期間】

   

接種回数

 
備考

高齢者肺炎球菌

ワクチン

○令和4年度(令和4年4月2日から令和5年4月1日)に65歳になる方

○令和4年度(令和4年4月2日から令和5年4月1日)に70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方(令和5年度までの経過措置です)

○令和4年度に60歳~64歳になる方で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方

1回

(自己負担額:免除)

○以前に一度でも同じワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けた方は定期予防接種の対象になりません。
インフルエンザ

○満65歳以上の方

○60歳以上64歳未満の方で心臓・腎臓・呼吸器に障がい、もしくはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能への障がい(ともに障がい手帳1級程度)のある方

年に1回

(自己負担額:1,000円)

令和4年10月より開始予定です。

風しん抗体検査、

麻しん・風しん

(MR)

○昭和37年(1962)4月2日から昭和54年(1976)年の4月1日の間に生まれた男性

○令和7年(2025年)3月31日までの時限措置

 ※3年間延長となりました

○5期(1回)無料

○対象者に風しん抗体検査を実施後必要な方に予防接種を実施

○昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの男性のうち令和3年度までに名護市に風しん検査記録のない方にクーポン券を送付しています。すでに検査済の方に届く場合は、破棄していただくようお願いします。 紛失された方は再発行もできます。

※高齢者肺炎球菌ワクチンの自己負担額はありません。(特別防衛施設周辺整備調整交付金による)

                                                                                                                     

   ○受託医療機関一覧 令和4年度高齢者肺炎球菌実施医療機関[PDF:47.4KB]

           ○2022年度 高齢者肺炎球菌ワクチンについて  高齢者肺炎球菌説明書(令和4年版)[PDF:652KB]

             ○風しん抗体検査予防接種実施医療機関一覧風しんの抗体検査医療機関一覧(R4)[PDF:102KB]

※風しんは軽い症状の場合が多いですが、時には重篤な合併症を引き起こしたり、妊娠初期の女性が感染すると、流産や先天性の病気の子が生まれてしまう可能性があります。周囲の家族や友人が風しんの抵抗力を持ち、妊婦に感染させないことが重要です。対象者の方は早めに抗体検査と予防接種を実施しましょう(自己負担はありません)。

風しん抗体検査と予防接種については市外の医療機関で受けることも可能です。事前に電話で問い合わせてから受診して下さい。

 抗体検査結果が出るまで1週間ほどかかります。抗体がないか、少ない場合は予防接種の対象となります、風しん感染予防のため、ぜひMR予防接種を受けられて下さい。

このページのお問い合わせ先

名護市役所 市民部 健康増進課

〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号

電話:0980-53-1212 (健康づくり係 内線158)

FAX:0980-53-7570

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード