死亡一時金と未支給請求

死亡一時金

保険料を3年以上納めた人が年金を受けずに亡くなり、その遺族基礎年金を受けられない場合に
支給されます。請求できるのは、死亡日から2年以内です。

保険料納付済期間 一時金の額
3年以上15年未満 120,000円
15年以上20年未満 145,000円
20年以上25年未満 170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円

※付加保険料を3年以上納付している場合は、8,500円が加算されます。
※半額免除期間(半額納付)は、納付済み期間としては、(半額免除期間÷2)となります。


(1)【遺族の範囲と順位】

死亡した人と生計同一で、死亡した人の
1.配偶者2.子3.父母4.孫5.祖父母6.兄弟姉妹


(2)【申請に必要な書類】

ア請求者の住民票抄本
イ戸籍謄本(死亡者との関係がわかるもの)
ウ死亡者の住民票除票
エ年金手帳
オ貯金通帳
カ認め印
キ生計同一証明(別世帯の場合)

未支給請求

なんらかの年金をもらっている方が亡くなった場合、遺族は死亡したことを市役所の年金担
当窓口か年金事務所に届け出なければなりません。亡くなった方と生計を共にしていた遺族が
いれば、亡くなった月の分を請求して受け取ることができます。


(1)【市役所で手続きできるのは】

年金証書コード0120、0430、0520、0620、2650、5350、6450、1150(老齢基礎年金のみ)
と老齢福祉年金です。

※未支給請求は、死亡日から5年以内です。
※老齢福祉年金の未支給請求は、死亡日から6ヶ月以内です。


(2)【請求できる遺族の順位】

死亡者と生計同一で、死亡者の
①配偶者②子③父母④孫⑤祖父母⑥兄弟姉妹

(3)【必要書類】

ア・請求者の住民票抄本
イ・戸籍謄本又は抄本(死亡者との関係がわかるもの)
ウ・死亡者の住民票除票
エ・年金証書
オ・貯金通帳
カ・認め印
キ・生計同一証明(別世帯の場合)

※老齢福祉年金の場合は郵便局支払いのため貯金通帳は不要。また、死亡者と請求者が同一世帯であった時は、戸籍は不要です。


 

このページのお問い合わせ先

名護市役所市民部市民課窓口係
〒905-8540沖縄県名護市港一丁目1番1号
電話:0980-53-1212(内線174/175)
FAX:0980-53-7398