乳がん検診・子宮がん検診

緊急事態宣言の延長に伴う、子宮頸がん集団検診の対応について

令和3年9月27日(月)14:00より三原地区会館で実施を予定しておりました子宮頸がん集団検診については、緊急事態宣言の延長(~9月30日)に伴い延期とさせていただきますのでご理解の程、宜しくお願いいたします。また、緊急事態宣言に伴い延期となった日程については、代替え日が決まり次第、対象者へ個別通知いたします。

代替え日程決まりました。→子宮頸がん集団検診日程表 2020.09.21更新[PDF:82.5KB]

受診に際して、受診者へのお願い(重要)

  1. 検診中は各自マスク着用お願いいたします。
  2. マスク不足が深刻な折、マスクは受診者ご自身で用意してください。
  3. 入り口等にアルコール消毒液を用意しますので、受診者には検診施設への入室時と退室時のほか、検診中も適宜手指消毒をお願いいたします。アルコールを使えない方はには、界面活性剤配合のハンドソープ等により手洗いをお願いいたします。
  4. 密集・密接を防ぐことにご協力お願いいたします。
  5. 受付時に非接触型体温計で体温を実測しますのでご協力お願いいたします。
  6. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、検診当日に体調の悪い方は別日で受診下さいますようお願いいたします。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当分の間、次の方は、受診をお断りしていますので、体調が回復してから受診してください。

  • いわゆる風邪症状が持続している方
  • 発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚障害、嗅覚障害などの症状のある方
  • 過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)のあった方
  • 2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)
  • 2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)と接触歴がある方
  • 新型コロナウィルスの患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方

上記症状が続く場合、あるいは基礎疾患(持病)の症状に変化がある方は医療機関にご相談ください。

新型コロナウィルスに感染すると悪化しやすい高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方には、受診延期も考慮していただきます。

乳がん検診について

検診料金無料対象者:70歳以上の方、70歳未満で後期高齢医療保険被保険者証をお持ちの方、生活保護世帯の方

項目 検診方法 対象者 受診の方法・期間 検査方法

料金

乳がん検診

個別

40歳以上の名護市に住所がある女性

(前年度、名護市の実施する乳がん検診を受けていない方)

検診機関:4月~2月

検診機関への電話予約が必要

乳がん検診実施医療機関一覧表[PDF:88.8KB]

マンモグラフィー

(40代2方向、50歳以上1方向)

1,000円

集団

事前電話予約が必要となります。(各所30名限定)

伊差川地区会館(延期)

日時:令和3年7月5日(月)

14:00 ~ 15:00(受付)

辺野古交流プラザ(延期)

日時:令和3年9月6日(月)

14:00 ~ 15:00(受付)

三原地区会館(延期)

日時:令和3年9月27日(月)

14:00 ~ 15:00(受付)

済井出集落センター

日時:令和3年12月17日(金)

14:00 ~ 15:00(受付)

羽地支所

日時:令和3年12月27日(月)

14:00 ~ 15:00(受付)

800円

 早目に受診したい方は健康増進課まで電話にてお問い合わせください。

乳がん検診対象者のみなさまへ

対象者には通知はがきを送付いたします。記載されている注意事項をよく読んで受診してください。

乳がん検診を受けられる医療機関のリストは上図内に示しておりますので、病院に直接電話予約をしてはがきを持参して受診してください。

名護市の実施する乳がん検診の対象になるのは2年に1度です。前年度受診された方は、今年度対象者とはなりませんので、ご了承ください。

子宮がん検診について   

検診料金無料対象者:70歳以上の方、70歳未満で後期高齢医療保険被保険者証をお持ちの方、生活保護世帯の方

項目

検診方法

対象者 受診の方法・期間 検査方法 料金
子宮がん検診

集団

20歳以上の名護市に住所がある女性

検診期間:9月~3月

子宮頸がん集団検診日程表 2020.09.21更新[PDF:82.5KB]

子宮頸部:細胞診

600円

個別

市内

20歳以上の名護市に住所がある女性  

定員50名(内2名は、障害者枠)  

受付開始:令和3年4月20日(火)

受付窓口:名護市役所 健康増進課    

検診期間

4月20日~6月末

子宮頸部:細胞診

(必要な方のみ子宮体部:細胞診)

 

頸部:1,500円

頸部

+体部:2,500円

個別

市外

20歳以上の名護市に住所がある女性

検診期間:5月~2月

検診機関への電話予約が必要

子宮頸がん検診実施医療機関一覧表[PDF:50.8KB]

子宮頸部:細胞診 頸部:1,500円

子宮がん検診対象者のみなさまへ

 対象者には通知はがきを送付いたします。記載されている注意事項をよく読んで受診してください。

 はがきに記載されている日程で受診できなかった場合、他の日程でも受診できます。

 名護市の実施する子宮がん検診の対象になるのは2年に1度です。前年度受診された方は、今年度対象者とはなりません

       ので、ご了承ください。

   市内子宮がん検診(個別)では、子宮頸がん検診の問診の結果、最近6ヵ月以内に、不正性器出血(一過性の少量の出血、閉経後出血等)、月経異常(過多月経、不規則月経等)及び褐色帯下のいずれかの症状を有していたことが判明した者に対しては、子宮頸がん検診と併せて子宮体部の細胞診(子宮内膜細胞診)を実施することについて本人が同意する場合、子宮体部の細胞診を実施。

(「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」より抜粋)

 新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業 無料クーポン券について

一定の年齢の方は、乳がん検診又は子宮頸がん検診が無料で受けられます。対象の方へは無料クーポン券を送付します。

無料クーポン券が届いたら、指定医療機関に電話予約をし、クーポン券を持参のうえ受診してください。

無料クーポン券実施医療機関1[PDF:341KB]

無料クーポン券実施医療機関2[PDF:289KB]

令和3年度の無料クーポン券対象者は下記のとおりとなっております。

乳がん検診無料クーポン券対象者   子宮頸がん検診無料クーポン券対象者

年齢

(4月1日時点)

生年月日

年齢

(4月1日時点)

生年月日
40歳

昭和55年(1980年)4月2日~

昭和56年(1981年)4月1日 生

20歳

平成12年(2000年)4月2日~

平成13年(2001年)4月1日 生

無料クーポン券は、令和3年4月20日時点で名護市に住所を有する女性を対象に郵送します。名護市を転出した時点でクーポン券は使用できなくなりますのでご了承ください。

令和3年4月21日以降に名護市へ転入された対象年齢の方については、健康増進課までお問い合わせください。

「がん」についての不安や悩み・心配ごとがある方は、「がん相談支援センター」へアクセスしてください。

がん検診精密検査について

 がん検診を受けた後に「精密検査を受けましょう」という検査結果が出た方は、怖がらずにぜひ精密検査を受けましょう。精密検査を受けても、実際はがんではない病気が見つかる可能性が高いですし、例えがんが見つかっても早期発見・早期治療により完治する確率が高まります。怖がらずに精密検査は必ず受けましょう。

このページのお問い合わせ先

名護市役所 市民部 健康増進課

〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号

電話:0980-53-1212 (健康づくり係 内線263/349)

FAX:0980-53-7570

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード