令和2年度名護市立小学校英語教育課程特例校の取り組みについて

令和2年度名護市立小学校英語教育課程特例校の取り組みについて

 グローバル化が急速に進み、2020年度の新学習指導要領改定に向けた英語教育改革が推進される中、国際的なコミュニケーションツールとしての英語の重要性がますます高まり、英語を使いこなし国際的な感覚を身につけた人材の育成が求められている。

 本市では、2020年度から小学校第1,2学年においては「英語科」「外国語活動」を新たな教科として特例的に新設している。

 また、平成24年度には小中一貫教育校緑風学園、平成28年度には小中一貫教育校屋我地ひるぎ学園においては開校と同時に先行的に同制度を導入しており、小学校1年生からの英語教育に取り組み、英語の学習環境が整備されたこと、児童の英語への興味・関心が向上したことにより、保護者や学校関係者からの評価は高く、大きな成果をあげている。

1 特別の教育課程の内容

(1)特別の教育課程の概要

ア 小中一貫教育校(緑風学園・屋我地ひるぎ学園)

  小学校第1学年から第2学年に新設教科「英語科」を置く。

イ 小中一貫教育校以外の学校

  小学校第1学年から第2学年に新設教科「外国語活動」を置く。

(2)必要となる教育課程の基準の特例

ア 小中一貫教育校(緑風学園・屋我地ひるぎ学園)

  小学校第1学年及び2学年は、生活(10)、音楽(7)、図工(7)、体育(10)の計34時間削減し、「英語科」に充てる。

イ 小中一貫教育校以外の学校

  小学校第1学年においては生活(6)、音楽(2)、体育(2)の計10時間削減し、外国語活動に充てる。

  小学校第2学年においては生活(6)、音楽(4)、体育(4)図工(4)の計18時間削減し、外国語活動に充てる。

 

 なお、上記ア、イともに学習指導要領(平成29年告示)において定められている標準授業時数については、第1学年において850時間、第2学年においては910時間で確保されている。

 

2 各学校の取り組みについて ※随時更新

瀬喜田小[PDF:104KB]東江小[PDF:53.9KB]名護小[PDF:129KB]大宮小[PDF:67.2KB]真喜屋小[PDF:54.7KB]羽地小[PDF:54.8KB]稲田小[PDF:49.5KB]久辺小[PDF:76.6KB]緑風学園[PDF:157KB]安和小[PDF:63.8KB]屋我地ひるぎ学園[PDF:59.7KB]

 

※学校名を選択すると令和2年度の各学校の実施状況が確認できます。

 

3 このページのお問い合わせ先

名護市教育委員会 学校教育課

0980-53-1212(内線385)

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード