違反対象物の公表制度

令和2年4月1日から重大な消防法令違反の建物をホームページに公表します。

公表制度とは

平成24年5月に広島県福山市で発生したホテル火災や、平成25年2月に長崎市で発生した認知症

高齢者グループホーム火災を受け、利用者等に建物の危険性に関する情報(建物の消防設備等の設

置状況)を公表し利用する方自身で、建物の利用を選択できること、建物の関係者による防火安全

体制の確立を図るため、全国的に制度化(違反対象物の公表制度)が実施されています。

 

概要について 

※違反対象物の公表制度概要については、違反対象物公表制度リーフレットをご覧ください。

違反対象物公表制度リーフレット[PDF:1.14MB]

 

名護市内の公表建物一覧

名護市内の公表建物一覧表[PDF:44.3KB](令和3年3月8日)

 

お問い合わせ

名護市消防本部予防課

TEL 0980-52-1195

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード