「電話リレーサービス」が公共インフラとして開始されました!

電話リレーサービスとは

 電話リレーサービスは、聴覚や発話に困難のある方(以下、きこえない人)も電話でコミュニケーションができる、法律に基づいた公共インフラです。

 通訳オペレータが「きこえない人」と「きこえる人」の電話を「手話や文字チャットと音声」で通訳することにより、即時双方向につなぐことのできるサービスです。

 24時間365日、双方向で電話することができ、緊急通報にも対応、時間を選ばずいつでも連絡を取り合うことができます。

 

<電話リレーサービスのイメージ>

電話リレーサービスのイメージ

 

 

サービス提供開始日

 令和3年7月1日から公共インフラとしてサービス提供が開始されています。

 

サービスの利用にあたって(事前準備)

 電話リレーサービスを利用するには、事前にサービス提供機関(一般財団法人日本財団電話リレーサービス)へ利用登録が必要です。

 ※利用登録するとサービス専用の電話番号(050から始まる番号)が付与されます。

 (きこえる人の利用登録は不要です。)

 ★利用登録方法はこちらから(一般財団法人日本財団電話リレーサービスのホームページに移動します。)

 電話リレーサービス利用登録に関するリーフレット[PDF:16.1MB](令和3年7月2日時点)

 

サービスを利用するために必要な機器

利用者 必要な機器
きこえない人 インターネットにつながる端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)から利用可能です。
きこえる人 通常の電話と同様に、電話回線につながる端末から利用可能です。

 

利用方法や利用料金について

 詳しい利用方法や利用料金などは一般財団法人日本財団電話リレーサービスのホームページをご確認ください。

 (以下をクリックすると一般財団法人日本財団電話リレーサービスのホームページに移動します。

 ★一般財団法人日本財団電話リレーサービスのホームページはこちらから

 ★よくある質問

 

このページのお問い合わせ先

名護市役所 福祉部 社会福祉課 障がい給付係

〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号

電話:0980-53-1212(障がい給付係 内線124)

FAX:0980-54-3813

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード