TNR活動(野良猫の無料不妊手術)について

TNR活動とは

 

公益財団法人どうぶつ基金が手術費等を全額負担する「さくらねこ無料不妊手術事業」に参加し、地域猫活動を行うボランティア団体等と連携してTNR事業を行います。

「さくらねこ無料不妊手術事業」とは、飼い主のいない猫に対し「さくらねこTNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊去勢手術を行い、Return/元の場所に戻す、その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで,繁殖を防止し,「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ,飼い主のいない猫に関わる苦情や,殺処分の減少に寄与する活動です。

 

 

行政枠チケットを利用した名護市におけるTNR活動実績報告

 

名護市環境対策課では、公益財団法人どうぶつ基金から発行されるTNRチケット(無料不妊手術を行うためのチケット)の行政枠を利用し、ボランティア団体や各自治会等と協働して定期的にTNR活動を行っています。

TNR活動実施にあたり飼い猫の捕獲や不妊手術を避けるため、猫を飼われている方は室内飼育や首輪等の装着をお願いいたします。

 詳しくは【犬を飼うとき、猫を飼うときのルール・野犬、徘徊犬について】をご参考下さい。

 

【令和2年度】

実施期間

実施数

令和2年6月30日~令和2年7月19日

29匹

令和2年12月5日~令和2年12月15日

60匹

令和3年2月15日~令和3年3月24日 100匹

 

 【令和3年度】

実施期間

実施数

令和3年4月

34匹

令和3年5月

77匹

令和3年6月 68匹
令和3年7月 14匹
令和3年8月 74匹
令和3年9月 61匹
令和3年10月 32匹

 

 

TNR活動ボランティアサポーターの募集

【TNR活動ボランティア】

 どうぶつ基金の「さくらねこ無料不妊手術」を活用する条件として、野良猫の捕獲やTNR活動協力動物病院への移送等を無償で行うボランティアが必要であり、市はそのボランティアをTNR活動ボランティアとして募集しています。TNR活動ボランティアは動物愛護団体や自治会のみでなく、個人でTNR活動を行いたい方も募集しています。

 

【TNR活動サポーター】

 TNR活動ボランティアが行う作業を分化し、参加できる作業だけを行ってもらうのがTNR活動サポーターです。市は、TNR活動ボランティアと同様に、無償で活動していただけるTNR活動サポーターも募集しています。市は、TNR活動ボランティアによるTNR活動の実施要望があった際に、TNR活動サポーターとして登録していただいた方に連絡を取り、TNR活動のサポートができるか調整を行います。

 詳しくはTNR活動ボランティア及びサポーター募集[PDF:109KB]を確認し、名護市環境対策課までお問い合わせください。

 

 

このページの問い合わせ先

名護市 環境水道部 環境対策課

〒905-0006 沖縄県名護市字宇茂佐1710-3

電話:0980-52-0003

FAX:0980-52-1563

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード